ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

台風5号、近畿上陸へ

 台風5号は7日、四国の太平洋沿岸を北東に進み、高知県室戸市付近を通過した。近畿に上陸して8日には東日本に達し、その後は北陸や東北沖の日本海に抜けて温帯低気圧に変わる見通し。動きが遅く、大雨など影響が長引く可能性があり、気象庁は河川の氾濫や土砂災害、暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。