外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 主要政党の衆院選公約が27日出そろった。与野党ともに、安倍晋三首相が主張する経済政策「アベノミクス」への賛否を打ち出し、主要争点に設定している。雇用拡大や賃金上昇をもたらしたとして自民党は「この道しかない」と政策継続を主張。野党は格差が拡大したと批判を強め、2年間の「安倍政治」への対決姿勢を明確化した。集団的自衛権や原発政策なども対立軸となっている。

共同通信