外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 紅葉した山を背にした合掌造り集落が、水の“カーテン”に包まれた。かやぶき屋根の伝統家屋を火災から守ろうと、世界文化遺産の白川郷(岐阜県白川村)で4日朝、毎年恒例の放水訓練があった。集落を囲む山々から薄い朝霧が立ち上る中、午前8時、サイレンを合図に59基の消防用放水銃から約30メートルの水流が一斉に放たれた。水柱は放物線を描いて家屋の周りや田んぼに落ち、カメラを構える観光客らから歓声が上がった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信