外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第4日は19日、ブダペストで女子3階級が行われ、55キロ級で吉田沙保里(ALSOK)が5試合全て無失点で勝って11連覇し、五輪3連覇と合わせた前人未到の14大会連続世界一に輝いた。63キロ級で五輪3連覇の伊調馨(ALSOK)は4試合全てテクニカルフォール勝ちし、2年ぶり8度目の優勝を果たした。

共同通信