外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ラスベガス共同】リオデジャネイロ五輪出場枠を懸けたレスリングの世界選手権第3日は9日、米ラスベガスで男女の計4階級が行われ、女子53キロ級の吉田沙保里が連覇を13に伸ばした。決勝で3大会連続の顔合わせとなったソフィア・マットソン(スウェーデン)を2―1の判定で下し、12月の全日本選手権出場を条件に4大会連続の五輪代表に決定。五輪を含めた世界一は16大会連続となった。

共同通信