外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岩手県大槌町は13日、同じ湾に高さが約8メートル違う防潮堤を整備することを決めた。低い部分に津波が集中する恐れがあるが、碇川豊町長は「高台移転によって安全は確保できる」と説明。県は、大槌湾は14・5メートル、船越湾は12・8メートルの防潮堤を再建する案を示した。しかし町によると、大槌湾に面する赤浜、小枕地区は高さの6・4メートル、船越湾も波板地区だけは4・5メートルで整備する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信