外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 愛知県は30日、県防災会議を開き、マグニチュード(M)9クラスの南海トラフ巨大地震に襲われた場合、最悪のケースでは県全体で約38万棟が地震の揺れや火災で全壊し、約2万3千人が死亡するとの予測を公表した。市町村別では、名古屋市で最大約4600人、県東部の豊橋市でも約2800人が死亡するという。県は「地震の揺れによる影響が大きいと再確認でき、特に県南部での被害が大幅に増えると分かった」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信