外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 11日に初日を迎える大相撲名古屋場所の取組編成会議が9日、会場の愛知県体育館で行われ、野球賭博問題に絡んで出場力士が大幅に減ったため、取組数は幕内が18番、十両は11番と、5月の夏場所に比べてそれぞれ3番減少した。友綱審判部長(元関脇魁輝)は「前半戦は幕内18番でやっていく。場所が進んでいけば人数も変わってくるから、状況によっては(番数が)増えていく」と説明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信