外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 名古屋市の東山動植物園は30日、飼育していた国内最高齢のコアラ「ラム」(雄、23歳11カ月)が老衰で死んだと発表した。園によると、人間の年齢に換算して120歳ぐらいで、平均寿命の2倍近く生きた。同園は「ここまで長生きしたのは世界でも珍しい」としている。1988年に多摩動物公園(東京)で生まれたラムは、繁殖のため翌89年に東山動植物園に来園。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信