ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

名大病院、がん手術せず3年放置

 名古屋大病院(名古屋市)は13日、口腔内のがんの疑いと診断し、手術をすると決まっていた愛知県の30代患者に2008年から約3年間、入院の連絡をしないまま放置していたことを明らかにした。患者はその後手術を受けたが、がんが肺に転移し、翌年に呼吸不全で死亡した。名大病院は「手続き上のミスがあった」と認め、遺族に謝罪した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。