ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

名物タクシーの製造ピンチ

 【ロンドン共同】ロンドン名物の黒塗りタクシー「ブラックキャブ」を製造する英マンガニーズ・ブロンズは22日、経営難から管財人を指定する手続きに入った、と発表した。同社は大株主である中国の自動車メーカー、吉利汽車などに経営支援を求めていたが、協議が調わず、英メディアに対し「いつ製造を再開できるかは分からない」としている。マンガニーズの丸みを帯びた黒塗りタクシーはロンドンの象徴的な存在。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。