外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柔道女子日本代表での暴力指導問題を告発した選手15人の代理人、辻口信良弁護士は16日、大阪市で記者会見し「調査の結果が生かされ、柔道界を含む全てのスポーツの現場から暴力やハラスメントがなくなることを願う。調査で一つの区切りを迎えた思い」とする選手の最後の声明を発表した。選手は会見に出席せず、氏名も公表されなかった。日本オリンピック委員会などの調査は終了、告発から始まった選手側の動きは一段落した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信