外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 公益財団法人「環境科学技術研究所」(青森県六ケ所村)は18日、東京電力福島第1原発事故で空気中に放出された放射性物質トリチウムの影響調査結果を発表した。事故の起きた2011年中に周辺住民が呼吸で取り込んだことによる内部被ばく線量は、最大約3マイクロシーベルトだったと推定した。

共同通信