外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相は20日夜、大詰めを迎えているパレスチナ和平交渉再開について「不可欠な戦略上の利益だ」との声明を発表、ケリー米国務長官の仲介を歓迎した。首相は「治安上の要求」を放棄しない考えを強調。引き続きヨルダン川西岸にイスラエル軍を駐留させる必要性を訴えたものとみられる。

共同通信