外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 和歌山市の建設会社で従業員4人が撃たれ死傷した事件で、和歌山県警は31日未明から、拳銃2丁を持ったまま会社近くの住宅地に立てこもった溝畑泰秀容疑者(45)=殺人容疑などで指名手配=に投降するよう説得を続けた。膠着状態は12時間を超え、溝畑容疑者は早朝、計2発を発砲したが、けが人はいなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信