外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党の石破茂幹事長は10日、西川公也・党環太平洋連携協定(TPP)対策委員長と会談し、日本が「聖域」と位置付ける重要農産物5項目に関し、586の品目レベルで関税撤廃の可否を検討する方針を確認した。関税を撤廃しても国内産業への影響が少ない加工品などが対象となる方向。石破氏は参院選で5項目の聖域確保を掲げたことを踏まえ「公約を守り抜くことは大事だ」と強調。西川氏も「公約を前提に精査する」と応じた。

共同通信