外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 腫瘍になりやすい人工多能性幹細胞(iPS細胞)を見分け、移植に適したものを選び出す方法を、京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授のチームが開発し、18日付の米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

共同通信