ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

嘉田氏「10年後に原発ゼロを」

 衆院選に向けて新党「日本未来の党」の結成を表明した滋賀県の嘉田由紀子知事は28日午前、原発政策に関し「できるだけ速やかに原発をゼロにする。見通しとして2022年を考えている」と述べ、10年後の脱原発実現を目指す考えを示した。また100人規模の候補者擁立を図る考えを表明した。関係者によると、同日午後、東京都選挙管理委員会を通じ総務相に設立を届け出る。党本部は都内に置く。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。