ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

四日市、ごみ施設に裁断一万円札

 三重県警四日市北署は24日、三重県四日市市の産業廃棄物処理施設で、処理済みのごみの中から、裁断された一万円札の紙片約1キロが見つかったと発表した。持ち主は不明。重さから1千万円弱はあるとみている。四日市北署によると、23日午前8時半ごろ、従業員が、東海3県の企業などから収集した紙やビニールなどの産業廃棄物を裁断中に、廃棄物の山の中から紙片を発見した。大きなものでも一万円札の4分の1程度の大きさ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。