外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 囲碁の張栩名人に井山裕太八段が挑戦していた第34期名人戦7番勝負の第5局は14日から静岡県熱海市の「あたみ石亭」で打たれ、15日午後4時48分、176手で井山八段が白番中押し勝ちし、対戦成績4勝1敗で20歳4カ月の最年少名人となった。七大タイトルの獲得も初めて。これまでの最年少名人記録は林海峰名誉天元(当時八段)が65年につくった23歳4カ月だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信