外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は15日、国営諫早湾干拓事業の5年間の排水門常時開放を命じた福岡高裁判決について上告を断念することを表明した。判決は確定し、農林水産省は2012年度にも開門調査を実施することになる。鹿野道彦農相が16日に長崎県を訪れ、関係者に伝達する。菅首相は「ギロチンといわれた1997年の工事以来、何度も現地に足を運んでおり、最終的に判断した」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信