外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】観光や投資の魅力を反映した国のブランドイメージ調査で、昨年首位の米国に代わり、今年はカナダ(昨年2位)がトップに立った。米ブランドコンサルティング会社が7日までに明らかにした。米国は4位に後退し、日本は6位だった。フューチャーブランドや米紙USAトゥデーによると、2位はオーストラリア、3位はニュージーランド。日本は07年にベスト10入りして以降、毎年順位を上げている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信