外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】親米コロンビアのサントス大統領と反米左派エクアドルのコレア大統領は26日、ガイアナで開かれた南米諸国連合(UNASUR)の首脳会議の場で会談し、08年3月以来、断絶状態にあった2国間の国交正常化で合意した。スペイン通信などが報じた。コロンビア軍がエクアドル領内にいた左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)を越境攻撃、エクアドル側が抗議して国交断絶した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信