ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

国交省、インフラ点検基準見直し

 中央自動車道の笹子トンネル天井板崩落事故を受け、国土交通省は11日、道路や河川、港湾といったインフラ全般の維持管理を徹底するため、点検基準の見直しなど対策強化に乗り出す方針を固めた。笹子トンネルの管理責任を中日本高速道路会社が一義的に負っていることに「丸投げ」との批判があるため、国の関与を強める方向で検討する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。