外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱自動車がリコールに消極的だったとして厳重注意した国土交通省は25日、改善への取り組み状況を確認するため、東京都港区の同社本社や愛知県岡崎市の同社品質統括本部などに道路運送車両法に基づく立ち入り検査を実施した。国交省などによると、同社は軽自動車のエンジンオイル漏れの不具合情報を2005年に把握しながら重視せず、10年11月まで長期間にわたってリコールを届けなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信