外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省や高知県が発注した土木工事の入札をめぐる談合疑惑で、国交省側から入札関連情報が漏えいしていた疑いがあるとして、公正取引委員会が独禁法に基づき、国交省四国地方整備局の2事務所を立ち入り検査したことが15日、国交省関係者への取材で分かった。立ち入り検査を受けたのは、高知河川国道、土佐国道の両事務所(いずれも高知市)。公取委は14、15日に検査した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信