外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省は17日、国内線の航空機の燃料に課す「航空機燃料税」の税率を現行の2分の1に引き下げる方針を固めた。会社更生手続き中の日本航空など航空会社の負担を軽減することで、国際競争力を強化するのが狙い。来年度の税制改正要望に盛り込む考えだ。来年度も本年度と同量の燃料が使われた場合、航空会社全体で350億円以上の負担軽減となり、運賃値下げにつながる可能性もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信