ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

国交省、B787再開を承認

 バッテリー発煙トラブルを起こしたボーイング787について、国土交通省は26日、全日空と日航に対し、運航再開を正式に承認した。米連邦航空局(FAA)が同日付で運航停止命令を解除したのを受け、判断した。全日空は28日に改修後の機体で試験飛行。保有する全17機の改修を5月27日までに完了させ、6月以降に客を乗せたフライトを再開させる見通しだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。