外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR北海道が多数のレール異常を放置していた問題で、国土交通省は23日、同社への特別保安監査を27日まで延長し、監査員も4人から9人に増強すると発表した。また、異常放置が保線に当たる44部署のうち15部署に集中し、函館線大沼駅構内で19日に起きた貨物列車脱線事故現場を担当している部署の放置数は公表された97カ所のうち最多の23カ所を占め、突出していたことも判明した。

共同通信