外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 機密漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法の成立を受け、与野党は特定秘密の内容を監視する組織を国会に設置する方向で調整に入る。自民党は7日までに具体的な検討に着手した。政府から秘密の提供を受ける常設委員会を置く案が浮上している。国会法を改正する見通しだ。国会が政府の恣意的な秘密指定をチェックできるか、実効性が課題となる。

共同通信