外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆参両院は4日、国会議員の2015年分の所得に関する報告書を公開した。対象は714人。1人当たりの平均所得は2269万円で、前年公開時から158万円(6・5%)減った。減少は4年ぶり。自民党の渡辺美樹参院議員が2年連続で首位だった。15年分は議員全体で給料に当たる歳費が満額支給されたものの、渡辺氏が株式などの譲渡益を14年分より10億円超減らすなどして平均を押し下げた。議員全体でも、株などの配当所得は前年より少なかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信