外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚労省は10日、自営業者らが加入する国民健康保険(国保)の運営を市町村から都道府県に移した場合、離島や山間部の市町村で保険料負担が大幅に増えるとの試算をまとめた。1人当たりの平均保険料が最大で年約3万9千円の値上げとなる。現在は市町村ごとに異なる保険料が、移行に伴い統一されるため。都道府県内の平均額に一本化すると仮定して試算。現在の保険料設定が低めだと値上げに、高めだと値下げとなる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信