外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国B型肝炎訴訟のうち北海道訴訟の第5回和解協議が12日、札幌地裁であり、国側は補償額について、症状に応じて500万~2500万円を支払うとする具体案を初めて提示した。無症候性キャリアーは補償の対象に含めないとする考えを維持。また、原告以外の患者にも適用した場合の財政負担について、未発症者への政策対応を含め最大2兆円、原告側主張に沿えば最大8・2兆円になるとの試算を明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信