外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は新規国債を含めた2014年度の国債の発行総額を過去最大の180兆円規模とする方向で調整に入った。発行済みの国債が満期を迎えた際の借り換え資金を調達する「借換債」が13年度当初計画比で約10兆円増え、120兆円台前半になりそうなことが主因。総額は当初計画ベースでこれまで最大だった12年度の約174兆円を超える見通しだ。

共同通信