外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国公立大2次試験の前期日程が25日、各大学で始まった。前期日程は158大学534学部が実施し、志願者は26万7930人で、募集人員に対する倍率は昨年並みの3・4倍となっている。大手予備校によると、長引く景気低迷の影響から就職に有利とされる理系人気が続き、文系は低迷。特に工学部や歯学部で昨年より倍率が高くなっているケースが目立つという。首都圏の大学が人気を落とし、地元志向も強まっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信