外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が国際原子力機関(IAEA)の保障措置(査察)の対象となっている全国262施設を調査した結果、計量や報告をしていない濃縮ウランやプルトニウムなど核物質が廃棄物から大量に見つかったことが14日、分かった。政府はIAEAへの申告を急ぎ、水面下で協議を始めた。複数の政府高官が明らかにした。中でも高濃縮ウラン約2・8キロ、約4トンの低濃縮ウランがそれぞれ未計量だったケースを重視し調べている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信