外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2016年の年間国内新車販売台数が、東日本大震災があった11年以来、5年ぶりに500万台を割り込む見通しとなったことが1日、分かった。16年上半期(1~6月)の国内新車販売台数は前年同期比4・8%減の254万7345台にとどまった。増税や三菱自動車の燃費不正問題の影響などで、軽自動車の販売が大きく落ち込んだことが主な理由だ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信