外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大型海生爬虫類「モササウルス」の、国内では最大級とみられる個体の顎の化石が、大阪府泉南市の中生代白亜紀末期(約6600万年前)の地層から見つかった。発見者の大阪府東大阪市、会社員宇都宮聡さん(41)が18日、きしわだ自然資料館(大阪府岸和田市)に寄贈した。モササウルスは陸で繁栄したティラノサウルスと並び「海の王者」とも呼ばれる。化石は茶色で長さ約16センチ、幅約8センチ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信