外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 石油業界大手の米エクソンモービルが、日本国内のガソリンスタンド(GS)を運営する石油小売り事業の営業権を段階的に売却する方向で検討していることが1日、分かった。少子高齢化や省エネ自動車の普及などを受けて国内のガソリン需要は減少しており、今後の需要回復も難しいと判断した。地域ごとに営業権を売却することを検討している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信