外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 総務省は25日、国勢調査にインターネットを使って回答した世帯が、全世帯の36・9%を占めたとの試算を公表した。都道府県別では滋賀の48・4%が最も高く、次いで富山45・7%、岐阜45・4%。最低は沖縄の22・7%で、高知25・1%、東京26・0%が続いた。

共同通信