外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 人事院が、例年4月から行われている国家公務員幹部候補の総合職採用試験を3カ月程度、繰り下げる方向で検討していることが19日、分かった。安倍晋三首相が、学生が学業に専念できる期間を確保するため、経済団体に就職活動の解禁時期を遅らせるよう求めていることを受けた。2016年度採用からの導入に向けて各府省と調整している。総合職の採用試験は4~6月に実施、各府省が6~7月に合格者から内定者を選抜している。

共同通信