外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は19日、2014年度の国家公務員の定員(自衛官除く)を13年度から約1200人減らす方向で最終調整に入った。海上保安庁や外務省などを約3900人増員する一方、各省庁の合理化で約5100人を削減する。10~14年度の合理化による定員減は約3万2200人に達し、合理化計画の目標3万244人を上回る見通しとなった。

共同通信