外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ビザなし交流で訪れた北方領土の国後島で、所持品から未申告の現金が見つかったとしてロシア税関当局の事情聴取を受け、島に足止めされていた通訳の日本人男性が24日、調べを終えて解放された。ロシア側は「無罪」と説明している。日本外務省が明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信