外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は17日、機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案の最終案を自民党に提示した。公明党との修正協議を踏まえた内容で、国民の「知る権利」や「報道・取材の自由」への配慮を明記。取材活動は原則として罰則の対象外とすることも規定した。政府は25日に閣議決定して国会へ提出する。今国会中に成立する可能性が強まってきた。

共同通信