外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国民新党の亀井静香代表は30日午前、野田佳彦首相と公邸で会談し、消費税増税関連法案の閣議決定に反対して連立政権を離脱する方針に変わりがないことを伝えた。首相は「残念だが仕方がない」と容認した。下地幹郎幹事長、自見庄三郎金融担当相らは離脱しない方針を確認しており、党分裂は避けられない見通しとなった。一方、民主党の小沢一郎元代表グループは閣議決定に強く反発。党の役職や政務三役の中に集団での辞任を模索する動きがある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信