外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が国産キャビアの海外輸出を18日付で解禁することが17日分かった。キャビアが採れるチョウザメは絶滅の恐れから国際取引が制限され、これまで輸出できなかったが、生産に力を入れている宮崎県の要望を受け、輸出に必要な国際ルールを整備した。業者の準備が順調に進めば、来年度にも第1号が輸出される見込みだ。経済産業省などが18日発表する。

共同通信