外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 9月に入り、平年なら旬を迎える国産マツタケに不作の懸念が出てきた。市場に出回る量が少なく、卸値も急騰。猛暑が原因との見方が多く、生産量は過去最低だった昨年の24トンを下回る可能性もある。東京・築地市場では、9月に入ってからの相場は昨年に比べ2倍程度で推移。15日には岩手産が400グラム22万円の高値で競り落とされ、市場職員は「岩手産でこんな値段は見たことがない」と驚いた様子。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信