外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 歴史的価値の高い公文書を永久保存する国立公文書館の保管スペースが2016年度末に満杯となり、新たな保存文書が収容できなくなる見通しになったことが25日、分かった。消えた年金記録問題を受け、公文書の保存強化を定めた公文書管理法が11年4月に施行され、保存対象が大幅に増えたためだ。政府は、公文書館の増設も視野に対策を検討している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信