外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都国立市は1日、約9年間にわたり離脱していた住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)に再接続、利用者へのサービスを始めた。住基ネット不参加の自治体は、福島県矢祭町のみとなる。市は02年12月、「個人情報保護に不安がある」として住基ネットを離脱。その後も接続反対派の市長の下、切断状態が続いてきたが、昨年4月の市長選で「市民生活に欠かせない」と再接続を掲げた佐藤一夫市長が当選、方針転換した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信