外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】国連人権理事会が任命したシリア内戦に関する国際調査委員会は11日、最新の報告書で、昨年4月から今年6月にかけて同国で市民に対する虐殺行為が少なくとも9件あったことを確認したと明らかにした。それぞれ約250人から数十人の犠牲者が出たとみられるという。7月中旬までの調査のため、ダマスカス郊外で8月21日に化学兵器攻撃が行われたとの疑惑は対象に含まれていない。

共同通信